読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輸入物販研究ブログ SPARKY!!

G13です。ブランド品の輸入業をメインに月商400-600万のビジネスを展開中。法人設立から2期目。副業としての輸入転売から独立以降の成長の軌跡をたどり、2017年8月までに月商1000万を達成するために取り組んでいるノウハウを書き記していきます。 販売媒体は、自社通販サイト、楽天、BUYMA、メルカリ、ヤフオク。

無在庫・有在庫やるならどっち?②

f:id:GINKEN24:20170519111113j:plain

 

前回の続きです。

今回はバイマで無在庫販売に取り組んでいる方が

有在庫戦略を取り入れるべき理由を解説します。

 

無在庫販売のメリット

 

まず、無在庫販売のメリットってなんでしょう?

物販なのに初期投資がほぼゼロ

在庫リスクゼロ

これに尽きるでしょう。

 

あるいは、在庫を持つ場合でも、

無在庫で出品して

人気が出たものだけ仕入れることもできますね。

これはなかなか効率のよい物販です。

 

無在庫販売のデメリット

 

では、無在庫のデメリットってなんでしょう?

 

仕入先が他プレイヤーと被りやすいので

商品画像がかぶる…

価格競争になりやすい…

結果、他との差別化がすごく難しいです。

 

結局、競合よりたくさん販売するには

そこよりもアクセスやほしいもの登録、

いいねをまず集めないといけません。

 

有在庫販売のメリット

 

一方で、有在庫を取り入れるメリットは何でしょう?

 

①国内即発送が可能

 

当たり前ですが、有在庫で在庫を持てば、

注文が入り次第、発送が可能です。

 

多くの無在庫プレイヤーは、

注文が入ってから商品を取り寄せるので、

1-3週間ほど発送までに時間がかかります。

 

でもどう考えても同じ価格の同じ商品であれば、

商品がすぐに届いた方がお客さんにとっては

嬉しいので、到着が早い、ということが

無在庫プレイヤーとの差別化になります。

 

また、どのプラットフォームでやるにしても

到着スピードの差は、お客さんからの評価の差につながります。

到着が遅いと、不満の評価を受けやすいので

アカウントが育ちにくいです。

 

②オリジナルの商品写真が撮れる

 

これも重要です。

物販において、

売れる商品写真で出品することが、

売れる物販プレイヤーになる

最も重要な条件の一つになります。

 

多くの無在庫プレイヤーは

海外サイトの商品写真を拾っているので、

ある程度は綺麗な商品写真ではありますが、

画質が荒かったり、他のプレイヤーと画像が

かぶっていたりするケースが多いので、

そこでの差別化は難しいです。

 

例えば…こちらが海外のサイトから拾ってきた商品画像です。

GUCCIのオフィシャルの写真になります。

 

f:id:GINKEN24:20170519100447j:plain

 

思っていたより綺麗でしたが…笑

ですが実際、こちらの写真を

そのままプラットフォームにアップすると

画質が落ちて若干ぼやける場合があります。

 

また、他の物販プレイヤーも

こちらの画像を使ったりすることも十分あるので

差別化が難しいです。

 

一方で、自分で撮影した写真はというと…

 

f:id:GINKEN24:20170519101408j:plain

 

一例ですが、こんな感じになります。

当たり前ですが、オフィシャルの方が写真自体は綺麗ですね笑

でもこの写真は、他のどのプレイヤーも持っていない写真です。

また、サイトから引っ張った画像ではなく、

PCのローカルに保存している画像なので、

プラットフォームにアップした際に画質が落ちることもありません。

 

ここからは独自のノウハウで、

全てに当てはまるわけではないですが…

 

ポイントが2つあります。

ポイント①ー画像を白抜きしない

 

白抜きというのは、商品自体の写真だけ切り取り、

背景を完全に白にすることです。

 

この写真の場合は、

白抜きせずに木目の背景を使っていますね。

もちろん撮影機材をしっかり整えて、

一眼で撮影して、白抜きした画像は綺麗ですし、

オリジナリティもあってかなりいいです。

 

ですが一方で、

プラットフォーム内には海外サイトから引っ張った写真、

もしくは自社取りした写真で、白抜きした画像が非常に多いです。

その白背景の写真の中に、ポツンと木目背景の写真があったら

どうでしょう?

 

普通に結構目立ちますよね?

 

…そう、綺麗で、かつ、目立たせる。

これが商品写真のポイントだと思います。

実際、僕も商品写真を、多少下手でも

海外サイトから引っ張った写真から

自分で撮影した写真に変えてから、

アクセス数がかなり上がりました。

 

ポイント②ーサムネイルに付属品を入れる

 

そう、商品写真の中に付属品を入れることです。

ここでいう付属品とは、

ギャランティーカードやケアカード、

ショッパー、ブランド保存袋など、

商品購入時についてきたものです。

 

上のGUCCIのキーケースでいえば、

ブランド箱と、ケアカードですね。

 

これも結構アクセスアップにつながるノウハウです。

 

これは、単純にお客さんからの問い合わせで

ギャランティーはつきますか?」

「ショッパーはつきますか?」

などの質問が多いので、サムネイルで

何が付属するか一発で伝えられる

というメリットがあります。

 

そして何より、財布一つ購入して、

ギャランティーやショッパーなどの

付属品がたくさんつくと、お買い得感がありますよね。

それを商品写真で伝えることができる、

というのもありますね。

 

大量の在庫をもって、

上等な機材を使って白抜きの綺麗な商品写真を

使っているような企業は、商品単体の写真が多いので、

そこでも差別化ができます。

 

この2つのポイントは

すぐに実践できて、アクセスアップに

確実につながるので是非実践してほしいですね。

 

僕の写真の背景の木目なんかは

ダイソーで買った超安いやつです笑

 

さて、少し話が深入りしてしまいましたが、

在庫を持つメリットその③です。

 

③出品できるプラットフォームが広がる

 

バイマの無在庫販売だけをやっていて、

有在庫戦略に切り替える…。

 

そうなると在庫を持つわけですから、

在庫商品を他のプラットフォームに

出品することができるようになりますね。

 

楽天、yahooショッピング、メルカリ…

これら無在庫販売を良しとしていない

プラットフォームへの出品です。

 

もちろんこれらのプラットでも

無在庫販売はできるっちゃできるのですが、

トラブルの元、アカウント削除の憂き目にあう

可能性は結構高いです。

 

最初に在庫をもって、

手っ取り早く出品できるのは

これらのプラットフォームの中でいえば…

やはりメルカリでしょうか。

 

そしてそれまでバイマだけでやっていた人が

いざメルカリに出品すると、あることに気がつきます。

 

「…あれ、めっちゃ売れる…!?」

 

…そうなんです、メルカリ、めっちゃ売れるんです!

僕も気づいたらメルカリ初めて3ヶ月目とかで

月商200万売っていました…。

 

バイマでは月商200万超えるのに1年もかかったのに…涙

 

と、いうわけで、メルカリは絶対にやった方がいいです。

メルカリはすごく優れた仕組みをもっていて、

自分が不用品を販売して、その売上金で、

自分の欲しい商品を購入することができるのです。

 

つまりいらないものが高級ブランドの商品などに変わるのです。

なので実質自分のお金を使わないで、購入が可能。

そうなると高額のものでもためらいなく買っちゃいますよね。

 

そういう仕組みもあり、メルカリと新品ブランドの販売の

相性はとてもいいです。

メルカリもそうですが、フリルやラクマ

これらのフリマアプリにも

片っ端から在庫商品を出品した方がいいです。

 

フリルやラクマに関しては、

販売手数料無料ですからね?

かなりのいい値段で出品できるので、

メルカリや、バイマで見た人が、

画像で検索して、フリルやラクマ

安い値段で購入していくってパターンも

かなりあります。

 

なので絶対フリマアプリはやるべし…!

僕もバイマ、フリマアプリで

売り上げを固めて、これから楽天出店ですので、

やはり有在庫を取り入れてから、

かなり状況は変わってきました。。

 

今、売り上げに伸び悩んでいる方は

是非、今日紹介したノウハウを実践してもらい、

売り上げアップにつなげてください!

 

では、また次回!

 

G13