読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輸入物販研究ブログ SPARKY!!

G13です。ブランド品の輸入業をメインに月商400-600万のビジネスを展開中。法人設立から2期目。副業としての輸入転売から独立以降の成長の軌跡をたどり、2017年8月までに月商1000万を達成するために取り組んでいるノウハウを書き記していきます。 販売媒体は、自社通販サイト、楽天、BUYMA、メルカリ、ヤフオク。

月商100万までの道のり -仕入れ編-

f:id:GINKEN24:20170409115732j:plain

それでは、今回は物販における最重要事項、

月商100万までの道のり、仕入れ編です。

 

前回の記事では、

月商が50万から100万まで上がった際のポイント

①時期的な要因

②大量出品の結果が出た

この2点を解説しました。

 

今回は、

こちらを解説します。

月商が50万から100万まで上がった際のポイントの続き

 

③取り扱うブランドの選定方法を変えた

バイマでの輸入転売を始めたばかりの時は、

仕入れやすいブランドばかりを仕入れていました。

 

ここでいう、仕入れやすいというのは、

海外の通販サイトから、

直接自宅まで送ってくれるブランドです。

 

具体的にいえば、ASOSやChicwishというブランド、

Capri Watchというブランドも日本へ直送してくれたので、

そういったブランドのみを扱っていました。

 

しかし、オンラインで購入できて、

日本へ直送してくれるブランドというのは、

自分でも扱いやすいですが

それはもちろんライバルプレイヤーたちにとっても一緒です。

 

そうなると何が起きるかというと、

ライバル数がめちゃくちゃ多くなる

薄利多売の競争が激しくなる

ということが起きて全く売り上げもあがらないし

利益もとれない苦しい状況になります。

 

それでも当時のASOSは、

今ほど競争が激しくなかったですし、

ASOS仕入れadidasNikeのスニーカー

らへんは結構売れていましたので

売り上げは50万くらい上がっていました。

 

これは小ネタなのですが、ASOSでは

決済通貨をポンドから、

他の色々な通貨に変更できます。

そこでポンドではなく、豪ドルに変更すると

おとなしくポンドで決済している人よりも安く購入できます。

 

まぁこれは2年前の話ですが…。

いまはむしろポンドが輸入に向いてる状況なので、

ポンドで決済したほうが安いという話もあります。

 

話がそれましたが、

こういった状況で、ライバルプレイヤーとの

血で血を洗う競争に巻き込まれ、

売上50万で頭打ちの状況が続いていました。

 

そこでどうしたもんかと考えていたのですが、

当時、バイマ初心者だった僕は、

輸入のノウハウを求めて怪しいネットジビネスの

集まりに月一くらいで通っていたのです笑

 

その集まりで自分の実績が

月商400万、月収100万と語っていた人に

かなり詳しくアメリカ輸入のノウハウを教えてもらい

実践していきました。

 

僕がそこで教えてもらったノウハウのポイントは2つ

・アメリカの転送会社を使って仕入れ

・上位ブランドのみを取り扱うようにする

 

 でした。

 

・アメリカの転送会社を使って仕入れ

 

まずは、直送してくれる販売サイトから仕入れても

ライバル過多な状況からいつまでたっても

脱出できないので、アメリカの転送会社を

利用することで日本に直送してくれない

アメリカの通販サイトから商品を仕入れられるようになりました。

 

当時紹介してもらってから、

2年間ずっと使い続けている転送会社が

fishisfastさんです。

 

www.fishisfast.com

 

この転送会社さんは1回の転送手数料$3という

超激安の転送サービスをやっています。

また、サイト自体も使いやすく、

全ての作業が一つのサイト上で片付くので

非常に便利です。

 

他の転送会社も使ってみたのですが、

日本語対応していなかったり、

税関のインボイスの作成がエクセルベースでのやり取りだったり、

使いにくいところも多く、継続利用しませんでした。

 

fishisfastさんのサービスは

そういった中でもダントツの使いやすさだったので、

いまでもアメリカ輸入の時は使わせてもらっています。

 

この転送サービスを利用することで

これまで仕入れることができなかったブランドを

取り扱えるようになりました。

 

そして、そこからどうやって取り扱うブランドを決めたかが

次のポイントになります。

 

・上位ブランドのみを取り扱うようにする

 

転送会社が使えるようになって

始めの方はライバルが少なそうなブランドを狙いました。

具体的にいえばUNIFやFree People、Anthropologieなどです。

 

ここらへんは確かにライバル数が少なく、

サイト上の全ての商品を出品すれば

トップバイヤーとなってたくさん売れるんじゃないか

と考えていました。

 

しかし、実際やってみたところ

正直あんまり売れませんでしたし

売れても利益がとれませんでした。

 

なぜかというと、単純にニッチ市場は

毎月売れている金額規模が少ないから

です。

 

どんなにニッチ市場でトップになっても

月商で70-100万にしかならず、

トップになるのも難しかったので、

結局各ブランド20-30万売れれば

いい方という状況でした。

 

なのでやはり売上を上げるには、

金額規模の大きいブランド(市場)で

安い仕入先をみつけて大量出品する

これに尽きると考え、方向性を改めました。

 

とくに毎月大量に売れているブランドの

選定に関しては、あくまで基準ですが、

バイマのブランドランキングで30位以内の

ブランドのみを扱うようにする

というのを、すでにアメリカ輸入で

実績を出している人からアドバイスをもらい

実践することにしました。

 

次にブランドランキング30位以内の

ブランドをどこから仕入れてくるのかが

課題になります。

 

④あまり知られていない仕入先を発見した

 

さて、ここからが最重要。

アメリカブランドでランキング30位以内で

転送でゲットできるブランドは…

kate spade、Michael Kors、Ralph Lauren、Coach、

Diane von Fastenberg、Tadashi Shoji、Furla

時期によってランキングも変動するかと思いますが

だいたいこの辺でしょう。

 

kate spade、Michael Kors、Coachは、

アメリカのアウトレット、ウッドベリーアウトレット

で購入するのが一番で、上位バイヤーのほとんどが

アウトレット転売を行っています。

 

これだとアメリカに住んでいないと実践できないですよね。

そうなると、日本に住んでいる僕たちは、

ブランドのオフィシャルサイトや、

正規百貨店での購入がメインになってきます。

 

アメリカで有名な百貨店といえば…

 

メイシーズ

https://www.macys.com/

 

ロード&テイラー

http://www.lordandtaylor.com/webapp/wcs/stores/servlet/en/lord-and-taylor

 

ノードストローム

http://shop.nordstrom.com/

 

ここら辺が有名でしょう。

かなり多くのブランドが揃っていて、

かつ、日本の正規店よりもだいぶ安いです。

 

しかも、アメリカの百貨店は

セールの頻度がとても多く

毎週末のように、セール価格から

EXTRA20%OFFになったり、

全ての商品が表示価格から

30%OFFになったりするので、

かなり安く商品を仕入れることができます。

 

また、ブランドのオフィシャルサイトなどでも

結構頻繁にセールが行われています。

 

たとえば、Ralph Laurenなんかも有名どころですね。

http://www.ralphlauren.com/home/index.jsp?geos=1

 

Ralph Laurenはすでに競争が激しいですが、

一時期、出品ツールが出回った時に

ラルフローレン5000品出品したアカウントを

作るだけで月商100万作れるくらい

よく売れましたね。

 

いまでは同じことをやっている人が

大量にいるのでそんなに稼げはしませんが…。

 

こういう感じで、転送を使うことにより

これまで仕入れることができなかった

ブランドを取り扱うことができるようになり

月の売上は70万程度まであがりました。

 

でもこれだけだと、

転送できる人はみんな真似できちゃいますよね。

ここから更に、仕入れのレベルをもう一段階上げます。

 

これにより月商を70万から100万に持っていくのですが、

少し長くなってしまったので、今日はここまでにします。

 

次が月商100万までの道のり最終章になります。

 

G13